同志社大学

生命医科学部

医生命システム学科/大学院 医生命システム専攻
DEPARTMENT OF MEDICAL LIFE SYSTEMS / GRADUATE SCHOOL, MAJOR OF MEDICAL LIFE SYSTEMS

Laboratories

研究室・教員紹介

HOME分子生命分野

予防医学研究室(分子生命科学研究)

研究内容

新型インフルエンザやO157:H7感染症など新興再興感染症は人類にとって大きな脅威です。これら感染症を対象に、ペプチドをベースとしてオリジナルな創薬研究を推進しています。本技術は汎用性に優れ、細胞内シグナル分子を標的とした、がん、炎症性疾患、骨粗鬆症等の治療薬開発へと発展しています。

主な研究項目

・細菌毒素、ウイルスタンパクを標的とした新規感染症治療薬の開発
・Ca-カルモデュリン依存的プロテインキナーゼ(CaMK)を標的とした炎症性疾患治療薬の開発
・慢性骨髄性白血病原因分子Bcr-AblのPHドメインを標的とした新規治療薬の開発

教員

西川喜代孝

西川喜代孝[教授]

knishika@mai.doshisha.ac.jp

高橋美帆

高橋美帆[助教]

mitakaha@mail.doshisha.ac.jp

※メール送信の際は、「@」を半角に変換してください。

研究室HP

関連キーワード

細菌毒素・インフルエンザウイルス・がん・炎症性疾患・骨粗鬆症・ペプチド創薬

Back to top

予防医学研究室(抗加齢医学研究)

研究内容

フィールド研究として、京都市内在住の自立高齢者を対象に健康増進プログラムを実施、アンチエイジング健診を施行して経年変化の調査を行っている。実験室では抗糖化機能性成分の分析、機能性食品の開発、細胞生物学的検証を行っている。

主な研究項目

・老化を評価する方法の確立
・新規機能性としての抗糖化食品・化粧品の開発
・糖化ストレスが及ぼす作用に関する細胞生物学的検証

教員

米井嘉一

米井嘉一[教授]

yyonei@mail.doshisha.ac.jp

※メール送信の際は、「@」を半角に変換してください。

研究室HP

http://www.yonei-labo.com/

関連キーワード

抗加齢医学(アンチエイジング医学)・糖化ストレス・睡眠・ホルモン

Back to top

予防医学研究室(予防健康医学研究)

研究内容

酸化ストレスが関与する各種病態における抗酸化物質、食品因子の治療及び予防効果に関する研究

主な研究項目

・生体の抗酸化能評価方法の確立
・創傷治癒に及ぼす各種栄養因子の研究
・好中球機能に及ぼす食品因子の研究

教員

市川寛

市川寛[教授]

hichikaw@mail.doshisha.ac.jp

※メール送信の際は、「@」を半角に変換してください。

研究室HP

関連キーワード

酸化ストレス・抗酸化食品・アミノ酸・ミトコンドリア

Back to top
Copyright © Doshisha University All Rights Reserved.Back to top