同志社大学

生命医科学部

医生命システム学科/大学院 医生命システム専攻
DEPARTMENT OF MEDICAL LIFE SYSTEMS / GRADUATE SCHOOL, MAJOR OF MEDICAL LIFE SYSTEMS

Laboratories

研究室・教員紹介

HOME神経科学分野

神経病理学研究室(神経病理学研究)

研究内容

アルツハイマー病の脳では、『老人斑』および『神経原線維変化』とよばれる特徴的な病理変化により神経脱落が起こります。神経病理学研究室では、これらの病理変化に関わるメカニズムに焦点を絞り、原因究明から創薬まで広く研究を進めています。

主な研究項目

・アミロイドβタンパク質の産生機序の解明と抗アミロイド療法の開発
・タウタンパク質の異常による認知症神経変性メカニズムの解明

教員

舟本聡

舟本聡[准教授]

sfunamot@mail.doshisha.ac.jp

宮坂知宏

宮坂知宏[准教授]

tomiyasa@mail.doshisha.ac.jp

角田伸人

角田伸人[助教](医生命機能)

nkakuda@mail.doshisha.ac.jp

※メール送信の際は、「@」を半角に変換してください。

研究室HP

関連キーワード

アルツハイマー病・アミロイドβ・タウ・認知症・神経細胞死

Back to top

神経生理学研究室(医生命機能研究)

研究内容

質量分析法を用いてタンパク質や代謝物の総体的な変動を解析し、難病やモデル動物の病理研究を行うことを目的として研究を行っている。これらは、プロテオームやメタボロームと呼ばれ、ひとつの分子のみではなく、網羅的な分子を対象とし、発症に関与している分子を探索することにより発症機序解明を行う。

主な研究項目

・アルツハイマー病、パーキンソン病などの神経変性疾患
・多発性硬化症や視神経脊髄炎などの神経免疫疾患
・肝臓や膵臓などの器官における代謝物変化

教員

池川雅哉

池川雅哉[教授]

mikegawa@mail.doshisha.ac.jp

角田伸人

角田伸人[助教]神経病理学研究室(医生命機能)

nkakuda@mail.doshisha.ac.jp

※メール送信の際は、「@」を半角に変換してください。

研究室HP

関連キーワード

イメージング質量分析

Back to top

神経生理学研究室(神経生理学研究)

研究内容

パッチクランプ法は単一細胞から電気記録を行う手法で、1970年代後半に開発され現在もなお生体電気信号を記録する有力な実験手法です。とりわけ、チャネル、トランスポーターといった細胞膜上の様々な蛋白質分子の性質を理解する事は、細胞活動や機能を理解する上で極めて重要です。

主な研究項目

生体で生じる電気現象をパッチクランプ技術を使い、単一分子記録、全細胞記録、膜容量測定などを行って、そこから得られる生体情報について研究していきます。

教員

齋藤直人

齋藤直人[准教授]

nasaito@mail.doshisha.ac.jp

堀哲也

堀哲也[准教授]

thori@mail.doshisha.ac.jp

※メール送信の際は、「@」を半角に変換してください。

研究室HP

関連キーワード

パッチクランプ・電気生理学・シナプス伝達・神経細胞

Back to top
Copyright © Doshisha University All Rights Reserved.Back to top